2010年6月 伊豆下田 須崎

こんにちは
ところてんの伊豆河童栗原です。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/i-kappa/

今年も、伊豆半島の天草漁が始まりました!

5月は日本全国で雨が多かったり天候不順だったので
天気がよくないとできない天草漁は、いつもよりも遅めの開始となりました。

今回、伊豆下田の須崎というところに行ってきました。

あの、天皇陛下がご静養に来る須崎の御用邸の近くです。

 

須崎の海女さんには知り合いの海女さんもいて、いろいろ話できました。

ここは、去年、世代交代ができたみたいで、「若い衆が入ってくれて若返ったよ!でも、若いって言っても60歳くらいだけどね」

平均は80歳くらいですけど・・・

 

そんな感じで、天草収穫量も結構多め。

 

ただ、右の写真のように潜水し続けながら天草を採る海女さんは一人しかいないようです。

なんでも昔は事故があってよく海女さんが亡くなったので今はあまりやる人いないそうです。

とはいっても、今は水中と船上で話ができるマイクがあるので、事故はほぼないですけど、、って言ってました。

 

最近は、都会の人が農業やるために田舎暮らしする人多いみたいですけど、なんで漁業やるひとはいないんですかねー

と、そんな感じの今年の天草漁でした。

まだまだ天気のいい日はやってますので、見学とかしてみたい方は連絡いただければ場所とか時間とか教えますので連絡くださいね。

須崎海女

天草干し風景

こちらは、浮きと採った天草を引っ掛けておく“樽”を使いながら天草を採る海女さんです。

上がったと思ったらすぐまた潜ってしまいます。。。

天草干し

天草干しの風景

下田、須崎は海女さんの数も多いので、収穫した天草も結構あります。

男衆も手伝って、干していきます。

これは塩気を含んだまま干している通称“赤”というものです。

このままところてんを作ると、色が濃くて磯の香りが強いところてんになります。

※伊豆河童はこれからさらに水で塩をあらって晒した天草を使っています。

天草倉庫

南伊豆の天草倉庫です。

こちらは干しあがった天草の選別作業。

昔からのスタイルで海女さん数人でおしゃべりしながらゆっくりゆっくり選別しています。

海女さんどおし、ここでコミュニケーションとっているんですね。

 

 

 

伊豆河童は伊豆の海女さんを守るために、伊豆天草にこだわります。

 

伊豆天草についてはこちらで詳しくご説明しております。

ムービーはこちら ※音がでます。

 


表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件