河童のおでん

伊豆河童のこだわり

伊豆河童のこだわり

最高級の伊豆天草、澄んだ柿田川名水。職人の手づくりならではの美味しさ

素材~最高級の伊豆天草

伊豆の天草は伊豆河童の原点

頑固に伊豆天草にこだわります。ところてんの材料の天草(てんぐさ)は、伊豆半島が日本一の産地です。

当店のところてんの材料は、伊豆産天草の中でも特に良質な伊豆稲取の海女の手摘みの最高級の天草が中心です。

天草の天日干し
天草漁。海女さんが海に潜り、質の良い天草だけを選んで収穫します。

原料だけで約4倍のコスト

伊豆天草の価格は、他と比べて約2倍の高値です。それを、通常の約2倍の量を使います。だから約4倍のコストとなります。

ところてんの原料 国産伊豆の高級天草 てんぐさ
ところてん材料の天草。煮溶かして冷ますと固まる性質を持ってます。

たっぷりと伊豆天草を使うことは、コシがあり、美味しい喉ごしのところてんになる理由の一つです。磯の香りも爽やかです。

天草漁と天草干し

毎年4月から本格的に天草漁が始まります。天草は収穫後、伊豆の地元の方が天日で丁寧に干します。これが美味しいところてんになる秘訣でもあります。

収穫した地域ごとに天草の特性が違います。天日干しの仕方によっても、仕上がりがまったく違います。とても重要な作業です。

天草の天日干し
丁寧に天草を干します

ところてんの起源

ところてんの製法は中国からつたえられ、鎌倉の初期のころには京都の東西の市場に心太座(ところてん店)が開かれ販売されたと伝えられています。

富士の名水:柿田川湧水

富士の名水 柿田川湧水
こんこんと湧き出る澄み切った柿田川湧水

ところてんは水が命です

ところてんづくりに欠かせないのが、美味しい水。伊豆河童では、名水百選のひとつ柿田川湧水を地下からくみ上げて使っています。

「濁度0」の澄みきった水

柿田川は富士山の伏流水で、四万十川と並び、日本最後の清流と言われています。その水量は東洋一を誇り、その水面は独特の輝きをもつ清流です。

嫌な匂いのしないところてんになります。

熟練した職人技

創業明治二年、手作りの技

伊豆河童のところてんは手作りです。だから大量生産はできません。創業以来、研究を重ねた独自の製法で、社長自ら製造をしています。

天気、気温、湿度などに合わせて、熟練した職人さんが絶妙な加減でところてんを作ります。

ところてんが出来上がるまで

ところてんづくりは、たっぷりの柿田川名水で天草を丁寧に洗うことから始まります。

次に、解放釜を使い天草をとろ火でじっくり時間をかけて、柿田川名水で煮溶かします。
天草は伊豆産の中でも地区によって特性が微妙に違います。それを加味して、職人が絶妙なバランスでブレンドし、コシ、かたさ等の調整をしています。

職人技
経験を積んだ職人さんが、天草の煮上がり具合を見極めます。

煮上げた天草は熱いうちに搾り、ところてんになる素を抽出します。なんとこれが手作業なのです。とても力のいる仕事です。

天草を搾って原液を出す
布で3回漉して滑らかにしたものを型に流し込んみ、常温でゆっくりと自然冷却して仕上げます。

じっくりと時間をかけて出来上がったところてんは、飴色の美しい色合いです。

ところてん出来上がり
飴色の美しいところてん

手間も時間もかかりますが、原藻から造る物の香り、歯ごたえ、舌ざわりこそが、長年愛されてきた「ところてん」ならではの味わいです。

昔ながらのなつかしい味、本物のおいしさ

ローカロリーで、コリコリとした歯触り、さっぱりとした口当たり。健康を気にする方、本物を求める方に喜ばれる伊豆河童のところてんとあんみつです。

ところてん出来上がり
上品な和テイストのギフトとして喜ばれております。