榮太樓本舗 日本橋本店へ

「榮太樓」と聞いたらやっぱり飴を思い浮かべます。

老舗の飴屋さん。

田舎の自分にはそんな風に思っていました。

今回、縁あってその榮太樓本舗 細田副社長さんに日本橋の本店でいろいろお話を聞く機会をいただきました。

リニューアルしたという店舗は天井もカッコいい

実は榮太樓といえば江戸っ子は「きんつば」なんですね。

ここ本店では注文するとその場できんつばを焼くところが見られます。
この道60年ほどの職人さんに焼いてもらいました。

これがそのきんつば。

きんつばと言うと自分は四角い形を思い浮かべるんですけど、榮太樓のそれはまあるくって平たい円柱型

どうやらこれが作りやすいように四角になったそうな。

真ん中にごまをのせ、薄皮が焦げないように丁寧にゆっくりゆっくり焼きをいれおいしく仕上げてくれました。

ホントにめっちゃくちゃおいしかった。ただの餡子だま?って思ったら大間違い

しっとりとして極薄の皮に包まれたきんつば。最高です。

そして、せっかくなのであんみつパフェを、、、

やっぱりあんみつっておいしいなぁ。。

東京の老舗で食べるとまた一段とおいしいです。

しかも、榮太樓飴がひょっこり現れます^^

そして、なんと人気なのが餡バタートーストだそうで、メゾンカイザーのパンを使用してるって帰ってきて知りました(^^;

カルピスバターと榮太樓の餡で食べるトーストです。

おいしそー。※これは食べてません、、

今回は細田副社長に、ブランドの事、商品の事、デザインの事、いろいろお話しいただいて本当に勉強になりました。

今でこそ超有名な榮太樓さんですが、最初は埼玉の方から東京に来て屋台できんつばを売っていたのが最初だそうです。

そこから200年の歴史。これからも進化を遂げるであろう榮太樓本舗の細田社長。

とっても親しみやすく温和な話し方でとっても印象がいい方です。

一番左が細田福社長です

トリノ で見つけたクリクリ笑

イタリアにはトータルで8日間滞在しました。

最初の一週間は昨日ブログに書いたテッラマドーレサローネデルグストに参加する為トリノに滞在しました。

イベント途中で招待客でのパーティーを開く為ホテルではなくみんなでアパートを借りました。

トリノのポルタノーバの近くです

↓その入り口(右はお菓子屋さん)

アパート右のお菓子屋で見つけたチョコレート

その名も「criciri」!! これは俺に買えって言ってるでしょ!って事でお土産に買っちゃいました!

後で聞いたらこの地域のお菓子なんですって

初日の夕食は、地元の人しか行かない隠れ家的なレストラン

住宅街の一角にあってめっちゃ目立たない笑

でも店の奥のテーブルで食事しているとあれよあれよと言う間に予約の人たちでテーブル満席になってました

どれも美味かったーー

そして、半日、世界第二の規模を誇るエジプト博物館に。

たぶん自分の記憶ではエジプト博物館って入った事ない、、

迫力ありますなー スフィンクスとか

ただ、日本語の説明はやはりなく、、

英語の説明文をスマホで単語を訳しながら進んだらめっちゃ時間かかった(≧∀≦)

夕食はこんな感じのところでオサレに食べてました

もうすこしイタリア語ができたら楽しいだろうなぁ

ボンジョールノ!!

四ツ谷 てるなり オープンイベントにところてん!

ミシュラン一つ星「鈴なり」の村田シェフのなんともおしゃれな2号店

ここ「てるなり」のオープニングイベントに参加させてもらいました。

村田シェフのフレンチの様な和食に感動。

見た目も流石だがやはり美味しい!

説明されてなるほど〜と唸ってしまいました。

伊豆河童が提供したところてん。

こんなにおしゃれになってしまうところてんって。。

レバパテとうなぎパイを合わせてしまうとは!

鮎につけるソースが絶品

柔らかいにこのシャリッとしたトッピングが何とも言えないほど食感がいい。

たまに出てくる純和風の出汁スープが絶品

クレームブリュレを竹に入れてるΣ(゚Д゚)

 

まだ本店の鈴なりには行ったことがないのでぜひ近いうちに行きたくなってしまったです。