中野 梅家のところてん

梅家 ところてん

今日から中野のマルイでところてん販売が始まりました。

もう3年連続で呼んでいただいて、毎年販売も好調な中野のマルイさんです。
28日(火)まで開催していますのでお近くの方は覗きに来てくださいね

本日、販売の準備をいろいろしていたら、足りないものがいろいろ出てきて、100均に買い物に出かけることになりました。

中野のマルイから近くの100均迄意外と遠い、、、

中野ブロードウェイを北に歩いてダイソーを目指していると、甘味屋さん発見。
まずは買い物をしてから、帰りに寄りました。

なかなか店頭は年季が入っていて、お世辞にもおいしそうには見えない。。

でも、とりあえずところてんは食べなければ、、 ということで店内に。

たぶん店頭にはお母さんだと思われる女性が接客。店頭のお客さんにも対応してました。
厨房を除くと、若い女性が調理してます。たぶん娘さんかな?

うすーい麦茶?っぽいお水が出され待ってました。(笑)

しばらくしてところてんがやってきました。

見た目とてもおいしそう。
先日、どことは言わないけど某観光地で食べた、最悪なところてんとは見た目から全然違う。。

キレイに突き立てとすぐわかるシルエットに刻みのりがなぜか数本(謎)

てっぺんにちょこっとわさびが載っていて「おお!わさび」とこころの中でつぶやいてしまった。

タレはちょっと甘めの酢醤油

ところてんにかけると、きれいに整ったところてんの隙間にタレがすーっと入っていってとてもきれい。

ところてんは細いけれどもしっかりとしていて箸でつまん程度では切れません。

ツルっとした食感も最高。おいしかった。

ぜひ近くの方は寄ってみて下さい。

栗原商店 昭和~平成

おじいさんの兄弟が戦争に行くときの写真と思われます。場所は特定できず、、

銀行の通帳?三島信用金庫の前身「有限責任三島信用組合」の通帳でしょうか

二代目、本当は戦争に行く予定だったのでは? 終戦の約1年前 日の丸寄せ書き

静岡県ところてん蜜豆小売商組合があったんですね。


同じく戦争に行くため 千人針ですね 

昭和30年代 社員旅行なのか近所の旅行なのか不明 仙台五大堂

昭和40年?現会長結婚式 三嶋大社にて

昭和40年代 社員旅行 長野県(善光寺に行ったと思われる)

昭和44年頃 現社長 工場(こうば)兼自宅の前、まだ舗装されていない。泉町(すがお八百屋の裏)

昭和47年7月 社員旅行と思われます 場所不明

昭和48年頃 あまり多くない家族全員が写っている写真です。

昭和50年代? と思われる2代目忠三郎と妻ふじ江

昭和62年10月 写真旅行 修善寺渡月荘金龍 本日出席の方もおられます。現社長もうっすら覚えている方も多いです

インターネットで初めてお店を開いた時の画像 2000年(平成12年)楽天市場の店舗です 画僧がもうなくなってしまっているのも多いので歯抜けですが、、

平成18年頃 三嶋大社の茶店 茶店にはよく配達にも行きました。行くたびにおでんもらってました

息子がお世話になったアスルクラロ沼津を卒団後、練習場看板スポンサーから現在はゴール裏スポンサーにさせてもらっています。

平成29年冬に工場売店をリニューアル。飲食もできるようになり、もともと作っていたこんにゃく・白滝を生かすべくおでんを販売開始

平成30年 本社工場看板、工場売店リニューアルも完成

平成31年3月28日 広小路に甘味処伊豆河童オープン もともと迎えの銀月さんに卸していた時は社長もお手伝いで納品に行っていた。 銀月さんがやめてから(20年位前?)甘味処が広小路になくなる、同時にネット通販を中心にしていた栗原商店の商品を地元で買えない、食べられないという声を聞くようになる

現在、オープンしている甘味処伊豆河童のスタッフです。こちらは水曜休みで夕方6時半まで営業 工場売店は日曜祝日が休みで平日も夕方5時で終わるため来られないお客様にもたくさん来てもらえるようになったと思います。

現在の栗原商店、工場売店前でスタッフ全員と。

株式会社栗原商店 創業150周年

2019年(平成31年)4月19日(金) みしまプラザホテルにて創業150周年の式典を無事終えることができました。

150年というのはとてつもない信用を得ているということであり、これは私が一人が頑張っても到底得られるものではないと心の底からご先祖様に感謝しなければならないことだと思っております。

栗原商店は2代目祖父が法人化をし、3代目の現会長がスーパーマーケット全盛の時代で大きくし商いしてまいりました。

1994年現社長がが実家に帰ってくることになりました。

その時代、食品業界が急激に変わってきている時でした。

地元の小さな小売店はみるみる衰退、大規模小売店の進出、流通網の整備により大手メーカーの進出。地元スーパーマーケットの倒産

正直、地方の小さな食品メーカーは生き残るすべなどないのではないかと本気で考えていました。

そんな199年代後半、そう、インターネットというものが少しづつ世間をにぎわしてきていました。

楽天の三木谷さんが、新聞の片隅にでていた、「仮想商店街で地方の商店街を元気にする」そんな感じの見出しが目につきました。

はっきり言って藁をもつかむ勢いで東京に聞きに行き、すぐに参加を決めました。

この後は、ネットショップの仲間と切磋琢磨しながら楽天さん、ヤフーさん、アマゾンさん。そして本店サイトを何とか軌道に乗せ今のところなんとかうまく行っているのではないかと思っています。

そして、今年150周年を迎えた新事業!と大げさではないですが弊社の得意なところを伸ばせる事業とか?ということで3/28甘味処伊豆河童をオープンさせていただきました。

おかげさまで開店以来予想を上回るお客様にご来店いただき、正直胸をなでおろしております。

こんな風にいろいろなものに挑戦し小さい失敗をしながらもなんとかうまく行ってきているのは、私の思い付き、考えるより先に行動を起こしてしまう性格の前に、私の自由な行動をゆるし、文句も言いながらも協力してくれた両親のおかげにほかなりません。

加えてこんな朝令暮改が頻繁に起こる会社についてきてくれる優秀なスタッフのおかげであります。

そして、いつもやりたい事に突っ走ってしまい、いろいろと苦労掛けている妻にも感謝しています。

これからも栗原商店は欲張りですが、インターネット販売もも、地元の商売も両方頑張ってまいりますので、何卒今後ともよろしくお願い申し上げます。


150周年式典の模様です

豊岡三島市長から祝辞をいただきました。

続いて、山本清水町長からお祝いの言葉です

引き続き、三島商工会議所 稲田会頭からの祝辞いただきました。

乾杯の御発声を清水町商工会議所会長の原様にお願いいたしました。

サプライズで房仙会 福田房仙先生の揮毫。

4つの言葉を書いていただきました。

どれも栗原商店に重要な言葉

息子が小学校1年の時からお世話になっているアスルクラロ沼津

お世話になったアスルクラロスルガの山本浩義副代表

そして、アスルクラロ沼津で現役を続けている伊藤輝悦選手

みんな盛り上がって楽しんでもらえました!ちんどん屋さんオンステージ

三島市長とツーショット

最後に御礼の一言、しゃべらせていただきました。

ところてん売り 昔

ところてんは江戸時代にはたくさんの人に食べてもらえたようです

その様子の絵を集めてみました


こちら、その名の通りところてん売り

ただ、これ以外は何も記載がありません、、

「西本願寺 荘厳の美 完全保存版(世界文化社刊)」の『津島天王社祭礼図屏風』より

絵入りの江戸地誌『江戸名所図会』より

1834(天保5)年刊行巻之三 国立市谷保の谷保天神社の近くの「清水立場(たてば)」という休憩所

http://blog.livedoor.jp/chino17jidai/archives/51530615.html より

ところてん売り/(Seller of seaweed isinglass)

これ、鬼が人間を突いてます^^;

《地獄図巻》より

『新文字絵づくし』(明和3年〈1766〉刊)より

喜多川守貞…1810~?。江戸後期の風俗史家。著書の『守貞謾稿』は、江戸時代の風俗をまとめた大著。前集30巻、後集4巻。天保8年(1837)から書き始め、嘉永6年(1853)に成稿。

當盛六花撰 紫陽花
歌川豊国(三代目)・歌川広重画 安政元年(1854) 国立国会図書館所蔵

『絵本江戸爵(えどすずめ)』より 喜多川歌麿 画

↑ 江戸の年中行事や風俗を記した「東都歳事記」に「盛夏路上の図」

~~~~~~~~~~~~~~~
右上のくずし字を翻字すると、
盛夏路上の図
行路夏衣   何ごとも  時ぞと思へ  夏きては  にしきにまさる
あさのさ衣  貞徳
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
となる。
歌意は、次の通り。何であれ旬というものがあると思いなさい、
夏が来たなら、錦織物よりも麻の衣を着る方がまさっているのである。

******************************
真夏の江戸の街のにぎわいを伝える図版としてよく紹介されるが、
なるほど物売りの様子を細かく見ていくと面白い

▲目につくのはところてん屋で、
格子ごしに中が見える涼しげな荷箱での商売だ。

(https://blog.goo.ne.jp/kennynewman/e/356e51fe224435a672254d36786b99d3 より)

「職人尽絵詞」

https://www.benricho.org/Unchiku/edo-syokunin/04syokuninzukushiekotoba/08.html より

和国諸職絵つくしわこくしょしょくえづくし」(貞享2年・1685年)四巻

近世流行商人 狂哥絵図 曲亭馬琴

https://www.benricho.org/Unchiku/edo-syokunin/11-kinseiryukosyonin/20.html より

http://himahima1.cocolog-nifty.com/in/2015/07/post-68fe.html

職人尽歌合

諸職人物画譜

水口宿との間、現在の湖南市夏見に藤棚を備えた「立場」があったが、ここの茶店が『ところてんに黒蜜をかけて食べる』方法の発祥の地とか。

http://pengzi.maruzen.com/bjmjfrngsutu/057.htm

https://www.benricho.org/Unchiku/edo-syokunin/11-kinseiryukosyonin/20.html

http://www.eonet.ne.jp/~shoyu/mametisiki/reference-15.html

とらひめ × レトルト いろいろ

ちょっと体重が増えたこともあって、ただ今タイガー魔法瓶さんが販売している「とらひめ」をいろいろ試しています。

とらひめは糖質約50%オフ、カロリーも約50%オフ、食物繊維約8倍!!

とらひめ専用の炊飯器で簡単に調理できます。

そんな感じでとらひめとレトルトでいろいろ試してみました。

銀座六さん亭

和風の食べやすいカレーでした

具も多くなんといってもレンジでチンできるのも楽チンです

こちらは先日お店にも伺った四ツ谷すずなりの村田シェフが監修しているレトルトカレー

しっかりと和風出汁の効いた美味しいカレーです!

こちらも六さん亭のレトルトで極みの五目釜めし

自分はカレーよりもこちらの方が好きですね

さっぱりとしたとらひめにもピッタリでご飯がすすみます

こちらは地元のカレー

箱根山麓豚のポークカレー

箱根の三元豚を使用したぜいたくあカレーです

こちらも地元のホテイさんがつくっているやきとり丼

ちょっとタレがサラッとしてますが卵も入って味の染みたやきとりがおいしいです

いろいろ試していますが、とらひめがあっさりしているので、とろみのあるものの相性が良いです

最近では中華丼などがとっても美味しいです。

まだまだ体重落とさないといけないのでいろいろとらひめメニュー考えますね(≧∀≦)

ところてん道 〜岩崎蒟蒻店

先日、お友達の岩崎こんにゃく店さんに寄らせていただきました。

真紗美さんはいなかったんですが、お母様といろいろとお話しできました。

やっぱり厳しいこんにゃくところてん業界、娘がやるって宣言したのでいいんですけどやっぱり心配ですと。。

まあ、そうですね。

思いっきり斜陽産業ですから汗

とはいっても、生き残る道、伸びしろは絶対にあると信じてやってますので、ぜひこれからも頑張って協力してやっていきたいと思ってます。

という事で岩崎さんに寄った後に、近くのスーパーで岩崎さんのところてんを買ってみました~

うむ、手作り感、地元感満載です。

そういえばお母様と話した時にも、国産の天草は高くて、スーパーで国産天草使用で安売りしている2個で98円とか信じられないと、、

ええ、国産天草じゃ無理です。 そういうのは国産天草ちょっと使ってるって事じゃないですかね~

もしくは、、、

まあ、そんな話はほっといて、女性だけで運営しているこんにゃく屋さんです

タレは、三杯酢ですが、甘みは少なく酢じょうゆ(二杯酢に近い)ですね。

栗原商店も昔ここのメーカーの使ってました^^;

そしてところてんは、柔らかめですね。

女性が作っているからでしょうかやさしい感じがします。

ところてんはメインではないと思いますが、もう少し特徴があるものができるとなおいいかなと思います。

生意気言ってすいません^^;

でもおいしかったですー

とらひめ って?

昨年の秋ごろでした。

「社長、タイガーさんからお電話です」

、、、 ?タイガーって誰??

と、全く想像つかず受話器とりました。

あ、

タイガーってあのタイガー魔法瓶さんだったのね。

しかし、なぜ?

そんな感じで始まった、創業以来初の超大手企業とのコラボ。

まだ、始まったばかりだが、やはり小規模零細企業とは違った考え方、進め方に驚きと新鮮さを感じます。

そんなこんなで、3/23コラボ商品が発売となりました。

とは言っても、ええ、魔法瓶作るわけでも売るわけでもありません。

伊豆河童でもう10年近く育ててきて、最近やっと日の目を見るようになってきた

「乾燥こんにゃく米」

もともと、伊豆河童はこんにゃくも作っていたのですが、15年くらい前からこんにゃくに関してはスーパーさんなどには卸さず、地元の学校給食、総菜店、おべんとう屋さんなどへ細々とやってきてました。

その一方、

こんな商品どこかに無いのかなーとずーと探していた商品に10年くらい前に出会いました。

早速、現地インドネシアに向かいなんとか取り組みを理解してもらって始めた商品でした。

それがこんな風に展開するなんて夢にも思わなかった。

そんな感じで始まったコラボ商品「とらひめ」

こちらです

https://www.tiger.jp/feature/JPE-A10Z/

中国のEC市場視察の為、上海初上陸す

9/1~3と中国行ってきました。

海外に行くのは大好きなんですけど、中国はなぜかあまり行ってなく、たぶん20年ぶりくらいかな

上海は初めてです。

今回はめまぐるしく発展している中国EC市場の視察、越境ECの可能性を考えてきました。

最初に訪問したのは上海楽天さん

プラットホームの事業は基本的にやってないようですが、

あの天猫、https://www.tmall.com/

JD https://www.jd.com/

の巨大市場にどう組み込んでいるのか?聞いてきました。

次はGPプラザさん

上海伊勢丹に出店もしていて、高級食材を扱っています。

日本食が中心ですが、やはり高い汗

でも、日本よりも物価は高く高所得者がターゲットであれば全然問題ないみたい。

でも食品の輸入はやはり難しく、できるのであればドライフードからですかね

泊まったホテルも、すごかった^^

ホテルのロイヤルメリディアン

http://www.starwoodhotels.com/lemeridien/property/overview/index.html?propertyID=1945&language=ja_JP

まあ、日本のビジネスホテルにしか泊まってないので、広すぎる笑

こちらは夕食の中華、おいしかった、、

でも食事の写真はほとんどとってない、

GPプラザさんが入っている上海伊勢丹

ココ有名な上海の広場ですね

すっごい人でしたが、中国の地方の人ばかりでみんなおのぼりさんだそうです

さっぽろ東急さんで初ところてん催事

5月4日〜5月9日まで北海道に行っていました!

静岡博覧会という静岡県をアピールするイベントです。

伊豆河童も伊豆のところてんをアピールに行ってきました。

まずは、静岡県主催なので静岡空港からFDAで札幌丘珠空港へ。

千歳空港と違って小さいですが札幌近くて楽チンです。

張り切って販売してきました。

北海道はもともと伊豆河童のお客様が多く、やはり開催中もたくさんの方が見えられました!

そして、一緒に来ていたまるちゃんにも手伝ってもらいました(笑)

札幌最終日は少し時間があったのでテレビ塔に登って来ました。

が、やめりゃよかった、、

高所恐怖症にはやっぱ無理です

最後に。

札幌ツウに教えてもらったラーメン。

「雪風」

味噌ラーメン、美味かった!