おでん

河童のおでんおでん

河童のおでん大盛況です。

先週の土曜日 やっとリニューアルオープンいたしました。 これからの伊豆河童は 春夏・・・ところてん、あんみつ 秋冬・・・おでん をメインでやっていきます。 土曜日のオープンイベントにはたくさんのお客様が食べに来てくれました。 おでんの営業時間は、 日曜祝日除く 12:00~18:00 まで 店内では、おでんの他、もちろんところてん、あんみつも食べられます。 一応、ビール、日本酒も用意しております^^ 夕方以降も要望があれば貸し切り等で営業も致します。(MAX24名) ぜひお待ちしておりまーす。 一番の売りは 母が小さいころから作っていた肉巻き巾着。 しらたきと人参、シイタケ、鶏ひき肉を巾着で包みます。 ダシが染み込むと、鶏のうまみと合わさってめちゃくちゃうまいです。 あとは、やっぱりこんにゃく。 この時期、生芋こんにゃくを手作りで作っているので、ほんとにこんにゃく自体に味がしておすすめです♪

おでん

河童のおでんパーティー♪

創業は明治二年と古いのですが、 小売りを始めたのは意外と最近なんです。 それまでは、販売店に卸しているいわゆる「製造卸」という業態でした。 それが1998年頃、近所のわさび屋さんの片隅で「みそおでん」を始めるときに 初めて「製造販売」という形を取り入れました。 その後、インターネットで本格的に小売販売をはじめ、 2018年5月に工場売店を作りました。 おかげさまで、ご近所さんから観光の方までたくさんのお客様にご来店いただきました。 さらに昨年。 惣菜許可と飲食許可を保健所て取得 本格的に、店舗でのところてん、あんみつの飲食をできるようにいたしました。 さらに、惣菜許可を得たことで、いろいろとできることの幅が広がりました。 もともとこんにゃく、しらたきも作っていた(株)栗原商店 伊豆一宮「三島大社」の境内でもおでん種として親しまれていました。 しかしながら数年前に、境内の茶店もすべてなくなり(時代の流れでしょうか。。) 茶店で食べるおでんも同時になくなりました。 ※倉庫に眠る、当時の三島大社境内のおでん看板 そこで ・・・三島大社で親しまれていたおでんをいつか再現したい、、、 そんな思いから、思い切って店舗での飲食スペースを増やし 秋冬は「おでん」を楽しめるように改装をすることにしました! 工事の為、明日11月7日~11日まで工場売店は休業となります そして、12日にはリニューアルして伊豆河童がオープンします。 ※↓は完成予想図 12日土曜日は、リニューアルオープンで「おでんパーティー」を開催します 通常は17時で終了ですが、12日のみ 21時まで「おでん」提供をいたします。 既にたくさんの方が遊びに行く!と言ってくれております(感謝) ぜひぜひ お近くの方、もしくは土曜日に伊豆方面に旅行に来る方 ぜひ、お立寄りくださいませ! 住所:〒411-0907 静岡県駿東郡清水町伏見184-3 電話 055-975-0098

おでん

静岡おでんフェスティバルに行ってみました。

ちょっと前ですけど、静岡で開催されていたおでんフェスティバルに行ってきました。 伊豆河童も来秋からおでんを計画してるんですけど、その勉強です 串が刺さってるのが静岡おでんの特徴ですね。 もともとは串の数で会計するためにこのような形になったみたいです。 こちらオーソドックスなおでん 静岡おでんではないですね。 どちらかというと静岡県ではあるのですが、伊豆東部地域は静岡おでんの文化はないので汁たっぷりのおでんが個人的に好きです。 これはどこのおでんだったか。。 鶏肉が入るとちょっと脂がでるのでうまみが増す感じです。 このおでんは美味しかった。 こんにゃくがたぶん手作りで味しみ、食感が最高に美味しかった。 やはりこんにゃくは手作りですな。 練り屋さんのおでんでした。 練り物個人的には大好きですが、なにも入ってないものはちょっと物足りない。 ゴボウまき、青じそまきいいですね。 個人的には蛸、イカ、などはいってるのが好き。 石巻のおでん。 ここだけはバラで販売していたので、手間もかかるのか?行列でした。 おいしそうなものはすでに売り切れ。。 姫路おでん 練り物中心で、生姜が効いた出し汁でした。 こんにゃくが姫路城の形してた。。。 (でも味はイマイチかな) おでんは日本酒が合いますねー 一番目立ってかな。 賑わいのある店づくりも大切だな ここもオーソドックスな静岡おでん。 地元の大学生が新しいおでん作ってました。 これがそう まあ、変わってるけど、物足りないなぁ(笑)   ということで、いろいろ視察してきました。 まず手始めに、5/4.5 清水町のかわせみマルシェで河童のおでんお披露目開始です https://www.facebook.com/events/1749670968599265/

おでん

静岡おでん2軒、話題の居酒屋、隠れ家的Barを堪能 伊豆河童のおでんはどうなる?

先日、静岡市内の友人に本場静岡おでんを食べに連れてってもらいました。 最初は、3時半の開店とともに満席になるという居酒屋泰平 3時半に予約していきました。 あっという間にカウンターは常連さんで満席 奥の座敷だけ少し空いてましたが、1時間くらいですべて満席 まだ5時前なんですけど^^; どうやら静岡は牛筋がお好き? やっぱりマグロの刺し身ですね まずは、1件目、青葉横丁というところの三河屋 横丁の中でも一番有名らしく、カウンター12席だけの店ですが、予約しないと入れません。 名物は、レンコン揚げらしいです(おでんじゃない(笑)) おでん、揚げ物、焼き物と3種類からすきなモノ選べます まずは牛筋のタレ焼き 名物のレンコン揚げです やっとおでんです 何がおススメ?と聞いたら、まずは三点盛りかなと こんにゃく、黒はんぺん、牛筋 この三河屋さんは青葉横丁というところにあります 続いておでん横丁の幸多路(こうたろう) お店の前に、おでん横丁のこの雰囲気に驚きます。 あ、写真中央のおにいちゃんは、特に知り合いではない酔っ払いさんです ここは特に有名というわけではないのですが、友人の和食料理人がおススメということでした。 おでんはやはりみんな串にささってます。 会計の時に串の数、数えてたのでみんな同じ値段なんですね^^ 静岡のお酒が並んでます。 静岡県は結構酒どころなんです となりの席のおっちゃんが、珍しいもの持ってきて、食べろと 白いいちご珍しい。美味しかった。 貴重なお土産じゃないのか?おっちゃん家帰って怒られなければいいけど 幸多路のおかあさん、ゆっくりした口調で話す落ち着いた感じが最高です。 最後は静かなバーへ   センチュリーホテルの総料理長おススメのところです   なんと、鴨とコンソメスープのカクテル で、和菓子風のカクテル、とろっとしてておいしかった。珍しい   青葉横丁、こんな感じで小さなおでん屋さん、居酒屋さんが並んでます。       おでん屋2件はしごして、お腹も心も満足した一日でした。

おでん

蛸長

京都で美味しいおでん屋って?   京都に用事があったので、おでん屋に行きたいと思ってました。 なぜ京都のおでんとか響きがいいのか?   京都に住む友人に聞いてみたが、「いや特に、京都でおでんがおいしいとか聞いたことないなぁ」と。   とはいえ、調べてもらったら「蛸長」というところが有名らしい おでんに興味がない友人もここは知ってました。 ということで18:30からということで18:00に行ったらまだ誰も並んでなかったので近くの喫茶店で待機。 「あそこの蛸長っておでん屋さん、並ぶ?」と喫茶店のバイトであろう子に聞いたら、「いや、別に並んでるの見たことないです」って。 それならいいやと直前に行ってみたら、並んでるやないかーい。   しかも座席数は調べてあったので、数えてみたらちょっと初回には入れなさそう。。。   泣く泣く2巡目まで待つことに。 一緒に並んでいた家族に話しを聞いたら、「昨日も来たんです。香箱蟹がおいしいですよ」と。   で、やっと順番が回ってきて香箱蟹頼んだら、もう終わっちゃったって。。 一日限定数しかなくて、来る人みんなが頼むのであっという間になるなるらしい。 まあ、しょうがないとメニュー見ながら選ぼう、、、 って、メニューが読めん。。   まずはビールを、、 と頼もうと思ったら、 「ちょっと待ってくださいね。こちらから聞きますので」って言われしばし待ちます。。   おでんは準備とかいろいろあるみたいで、準備が整ったら 「何にしますか?ものによってはお時間いただくものもありますが」 と。 とはいえ、メニューで読めないものもいくつかあるので聞いてみると、ひとつづつ丁寧に答えてくれる。 まあ、うちはこんにゃくも作っているので、とりあえず蒟蒻と、、飛龍頭、蛸、宝袋 続いて、 鴨捏、巻甘藍、玉子、海老芋 あと、写真にはないけど、湯葉、大根、鯨須子(さえずり) もちろん、自分ではなくかみさんと一緒です。 (一人じゃそんなに食べられません。。)   最後に七五三結 これがうまかった。 蛸の混ぜご飯?に出し汁で葱のせ。 蛸好きにはたまらないお店ですね。   お味は、やっぱり関西風であっさりなおでん汁 お皿にはたっぷりな葱と和辛子。 味しみが必要な種は十分に味が染みるまで待たされますが、 その分、美味しいおでんが食べられます。   来年はぜひ香箱蟹を食べに行きたい。   ちょっとお値段は高めです^^; http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26001610/