楽天市場

ところてん

楽天うまいもの大会に出店 JR名古屋タカシマヤ

9月のことですが、、汗 実に4年ぶりに楽天うまいもの大会に出展してきました。 まあ、最初に出展した時は催事の売り方とか全然知らなくって、とりあえず出展させてもらったけど全然売上いかなくて、、、 で、この3年の間に何とか百貨店催事の販売の形を作れたかなと思ってます ▼それにしてもすっごい人出!! さすがに日本一の売り上げと作った催事企画だけありました。 店の場所はそんなにいいところではなかったけれど、JRタカシマヤさんは昨年、今年と地下催事に何度か出店させてもらったので、リピーターさんも来てくれてとてもうれしかったです。 ▼初めて持ってきたところてんポテトチップ酢もところてんのアピールにはつながったかな。 ▼こちらは仲いいとりやさん。手羽先餃子最高♪ なんと、レポーターとしてふっくん(元しぶがき隊)とSKE48の高柳さんが回ってきてくれました。 そして、このあとたくさんの店舗を回った後に、印象に残ったお店は?と聞かれ、なんとうちのお店をあげてくれました! うれしかったです ↓この表情が物語ってくれてますー ▼自分も結構ちゃんと働いて頑張ってます(笑)   ▼そして、出張でのお楽しみ!美味しい夕食 まずは名古屋めし!ひつまぶし~ ホテル近くのステーキもおいしかった!Tボーン!!でスタミナつけます ▼最後は焼肉で水郷のとりやさんのスタッフさんとも一緒に焼肉!! とっても楽しい1週間でした また来年も来たいなー また現れたら名古屋の方、よろしくお願いします( ̄▽ ̄)

伊豆河童

ネットショップ黎明期に試行錯誤した仲間

もう9月の事になりますが7.8と軽井沢に行ってきました。 こんな仲間たちと。 ここにいる十数名は、2000年9月 インターネットでの商売の可能性を信じて、現在の売り上げの10倍を作るにはどうしたらいいか? この目標の為に2泊3日の合宿をしたのです。 これが楽天市場では伝説となった虎の穴合宿 この中には楽天さんの役員も現楽天某自由人?も そして、今なおインターネット中心で商売をしている仲間 16年たったので、インターネット中心の仕事から他の仕事にシフトしてる人 などなど、いろいろな形になってますが、原点に戻って合宿所に集まりました。 場所は軽井沢のバリ エスティバンクラブです 16年ぶりですが、みな懐かしく 「おおー、ここでみんなで話したよね」 「ここの部屋に集まってたよねー」 なんて同窓会の雰囲気   10倍になるスピードは違うけど、みんな確か10倍の売り上げは達成したかと。 この後虎の穴は楽天市場の定番の合宿として定着していったのでした。   自分もこの合宿に参加したときは、言えないような売り上げしかなくて ちょっと場違いではないかな?と思うほど。 そう、楽天市場のショップオブザイヤーとか取ってる当時の超有名店ばかりだったんですね。 そんなすごい人たちと一緒に真剣になって10倍売り上げるには?をいろいろとアイデアを出して実践して検証して、、、を繰り返して今がある   自分としてはこの合宿がなかったらどうなっていたことやら、、 この当時は、会社もなかなかの赤字続きで藁をもつかも思いで参加したんだっけ。   16年たって、久しぶりにあった方も元気でした。 なんだか、この虎の穴一期生は、みんなもう落ち着いてる感じが印象的。 当時は売上揚げるために、結構ストイックに「寝たら負け」みたいな雰囲気の中仕事してたもんなー みんな売り上げは上がって、それだけではなく余裕があって、あくせくしてないというか、売上上がっても上がれば上がるだけヒーヒー行ってるネットショップが多い中、平日にもゆっくり集まれる環境になってるんだなと。 これからもこの一期生は、きっと自分のやりたいことを突き詰めて、お金ではなく豊かな人生を送るんだろうなぁ そんなことを確信した同期会でした。   宿泊所のエスティバンさんも、同期の一員なのですけど、ホントにゆっくりと落ち着けて食事もおいしいペンションです 写真も撮ったので見て下さい^^ 16年ぶりの軽井沢駅。 また数年後にはまた同じ顔を見るために下車するのかな

ところてん

楽天いいモノ通信って?

楽天で販売されている数ある商品の中から、 お客様に支持されている逸品と、 その裏にある作り手の想いをお届けするサイトです。 この国のモノづくりの現場から、 みなさまの生活を豊かにする逸品をご紹介いたします。 そんなコンセプトでまとめられているコンテンツです。 今回、そのいいモノ通信の楽天で販売されている数ある商品の中から、 お客様に支持されている逸品と、 その裏にある作り手の想いをお届けするサイトです。 この国のモノづくりの現場から、 みなさまの生活を豊かにする逸品をご紹介いたします。Vol.23に伊豆河童を掲載していただきました。 ちょっと照れくさいですがきれいに伊豆河童の特徴をまとめてくれました。 感謝です ぜひ読んでくださいませ https://event.rakuten.co.jp/rmagazine/shopstory/vol23/   他のいいモノ通信もぜひ。 https://event.rakuten.co.jp/rmagazine/shopstory/

ところてん

楽天IT学校  IT甲子園

先日、楽天市場さんが主宰するIT甲子園に行ってきました。 楽天IT甲子園とは? 楽天市場さんが、次世代を担う子供たちにネットショッピング運営の実体験を通じ、実践的な電子商取引を理解いただくための出張授業です。 伊豆河童は今年、静岡県立富岳館高校の担当店舗となり1年間、授業を行ってきました。 https://www.youtube.com/watch?v=x7AhOixwm94&feature=youtu.be その集大成として全国大会の楽天IT甲子園がありました。 3分間で今までの授業で培ったものを発表するという難しいプレゼンに果敢に挑戦してくれました。 結果は、、、 残念ながら本選出場とはならなかったのですが、貴重な体験を高校生だけでなく私も得ることができました。 それにしても高校生の熱いプレゼン、歓喜あり涙ありで感動しました。 来年も関われたらなと思ってます。 最後にみんなで記念撮影をしました。 3月にはみんな卒業して、進学、就職といろいろあると思いますが 頑張ってください。 修了証をみんなに手渡して終わりました。

ところてん

2016楽天IT学校の海外向けのビデオを作ってもらいました

2016年4月から、静岡県の県立富岳館高校でインターネット販売の授業を担当店舗としてかかわらせてもらいました。 楽天市場での商品の販売の考え方、方法を学んでもらうカリキュラムです。 その授業風景を楽天さんがビデオにとってくれました とても素敵なビデオです ぜひご覧ください。 出番は少ないですが、、、 うちの父親が工場で出ています。 生徒さんたちも熱心に聞いてくれました。 地方にいてもインターネットなら商売できる。そんな素敵な事を体験してもらったと思います。

ところてん

楽天IT学校の高校生がところってんの伊豆河童の工場見学に来ました。

JKが群がるところてん屋さん     伊豆河童は、本年度、次世代を担う子供たちにネットショッピング運営の実体験を通じ、 実践的な電子商取引を理解いただくための出張授業を行っています。   富士の麓、富士宮にある富岳館高校がその高校です。 今回は、販売ページ作成をするために現場を見たいという事で、工場見学を実施しました。   担当の富岳館高校の生徒が、生徒自身で商品アイデアを出しそれを商品化して販売します。   その為に工場、売店、その他もろもろ写真を撮ったり、メモを取ったり。 ページ作成に必要な素材集めも含めて実施しました。 実際、40人入れるかなぁ と思ったのですが、2班に分かれるよりはいっぺんにやってしまおうという事で 先生、含めて50人くらいで工場見学やってみました。   実際に、地元の特産品としてのところてんがどうやって作られるのか? どんなところで作っているのか? だれが、作っているのか?   この辺の重要な事を知ってもらえたかなと思います。   ※富岳館高校の自慢 教室の窓から見る富士山