榮太樓本舗 日本橋本店へ

「榮太樓」と聞いたらやっぱり飴を思い浮かべます。

老舗の飴屋さん。

田舎の自分にはそんな風に思っていました。

今回、縁あってその榮太樓本舗 細田副社長さんに日本橋の本店でいろいろお話を聞く機会をいただきました。

リニューアルしたという店舗は天井もカッコいい

実は榮太樓といえば江戸っ子は「きんつば」なんですね。

ここ本店では注文するとその場できんつばを焼くところが見られます。
この道60年ほどの職人さんに焼いてもらいました。

これがそのきんつば。

きんつばと言うと自分は四角い形を思い浮かべるんですけど、榮太樓のそれはまあるくって平たい円柱型

どうやらこれが作りやすいように四角になったそうな。

真ん中にごまをのせ、薄皮が焦げないように丁寧にゆっくりゆっくり焼きをいれおいしく仕上げてくれました。

ホントにめっちゃくちゃおいしかった。ただの餡子だま?って思ったら大間違い

しっとりとして極薄の皮に包まれたきんつば。最高です。

そして、せっかくなのであんみつパフェを、、、

やっぱりあんみつっておいしいなぁ。。

東京の老舗で食べるとまた一段とおいしいです。

しかも、榮太樓飴がひょっこり現れます^^

そして、なんと人気なのが餡バタートーストだそうで、メゾンカイザーのパンを使用してるって帰ってきて知りました(^^;

カルピスバターと榮太樓の餡で食べるトーストです。

おいしそー。※これは食べてません、、

今回は細田副社長に、ブランドの事、商品の事、デザインの事、いろいろお話しいただいて本当に勉強になりました。

今でこそ超有名な榮太樓さんですが、最初は埼玉の方から東京に来て屋台できんつばを売っていたのが最初だそうです。

そこから200年の歴史。これからも進化を遂げるであろう榮太樓本舗の細田社長。

とっても親しみやすく温和な話し方でとっても印象がいい方です。

一番左が細田福社長です

ところてんのプール?

ところてんの塊を突く前に水槽に入れてます

ところてんの現役を型に入れて固めた後、いったんプールに入れます。

コレでだいたい500キロ

ところてんでざっと3000食です(*ノωノ)

ところてん大食い大会とかあったらいつでも提供しますので言ってくださいね(笑)

なぜ一旦プールに入れるかというと、そう、磯臭さが少し取れるんです
無駄な雑味も減ります

これを取り出して、ところてんを突きだす機械に入れるのですけど
めっちゃ冷たいです。。この季節

とはいえ、夏になるとこの作業がめっちゃ気持ちいい♪

柿田川の15℃の水に手をつっこんでひえ~♪と声もれちゃいます。

そして、こんなところてんになるんです。

洋風あんみつ(ミルク珈琲味)

チョコろてん

ちょぴりレトロ感のある洋風あんみつ♡
珈琲蜜と茹であずきとの相性もばっちりで、おもてなしにぴったり!

崩しながら食べるので、やや大きめの器を使うと食べやすいです。

珈琲蜜の味が薄まらないよう、チョコろてんの水分をしっかり切って入れましょう!

詳しいレシピはこちら

https://cookpad.com/recipe/6603359